« バイクでライディング練習会参加 | トップページ | 北海道一周旅行記21~網走~ »

改正道路交通法-平成18年6月1日施行-(2006年6月1日施行)

この記事は平成18年のものです。
 平成20年6月1日施行 改正道路交通法まとめは
 →こちら

H18年6月1日(木)に改正道路交通法が施行されます。
(同日、改正消防法も施行。戸建に住んでる人は関係有り。
参考リンクはこちらこちら)

駐車監視員活動ガイドラインが各都道府県警察HPに
アップされています。
ガイドラインには委託業者による駐車違反重点取り締まり地区もアップされているので確認しておきましょう。
警察によっては委託業者一覧もアップされています。

全国駐車監視員活動ガイドラインを
このページ一番下に記載しています。

改正道交法Q&A from npa.go.jp

自動二輪受け入れ駐車場(駐輪場)一覧

大きく変わることは
1:駐車・停車禁止場所での免許を持つ人の乗っていない
  車両は違反ステッカーを貼られる。
2:違反切符を切る業務が民間委託可能になったこと。
です。

特に「2」は
「民間委託は、駐車違反取り締まりに伴う警察の負担を減らし、街頭パトロールを強化するのが狙い。民間の監視員が違反車両をデジタルカメラで撮影し、端末機でナンバープレートや違反場所などを警察に知らせるとともに、違反を示すステッカーを車に貼る。」from山陽新聞HP
んだそうです。
反則金未納付など逃げ続けた場合、違反車両は車検が
受けられなくなります。(所有者責任)

「1」の停車については、停車中の車内に人が居なければ
たとえ1分1秒の停車といえども駐車違反として扱うことが
可能なように「改正」されます。
(例外有:例-急病者搬送中など)
なお、停車車両のエンジンが掛かっていようとドアロックが
されていなかろうとすぐ傍に運転者が居なければ駐車扱い。

-とにかく民間へ-ではなく
「委託するのは、これまで検挙件数が集中していた徳島市の中心部や事故の多い路線が対象。」(徳島県)
のようなモデルで全国展開するようです。
(要駐車監視員活動ガイドライン)

道路交通法改正に伴い委託業者用の保険も
既に販売されており、環境は整っています。


その他、環境面の対応(一例)
駐車違反取締委託業者
 駐車監視員は「みなし公務員」
 守秘義務有り
 賄賂を受け取れば収賄罪適用(渡した側は贈賄罪適用)
 取締件数に対しての報酬は無し(法文明記無し 未確認)
 委託業者になる為には公安委員会による審査有り
 委託業者は最大3年毎に更新手続き必要
自動車運送業者
・引越業等
 地元警察署の許可を受ける必要有
 但し今の申請方式では人員配置・配車に影響あり
・全国レンタカー協会
 全車両へ社名・連絡先を記したシールを張る。
 違法駐車の車がレンタカーの場合、警察から通知して
 もらうよう警察へ要請(所有者責任の原則の対策の為)
等。

取締中の業者作業員は「公務員」として扱われますので
取締り作業を妨害すると「公務執行妨害」になります。

頻繁に停車・駐車が必要な業務がある者については
「地元警察署の許可を受ける必要有」という事です。

詳しくは各警察署・交番・駐在所で確認してください。

国はいよいよ本気で駐車違反対策をはじめるようなので
ドライバー・ライダーの方々は交通マナーを守り駐車しましょう。

・from 警察庁
民間委託の導入について事件事故の捜査に捜査員を振り分けるのが狙い
と期待しているわけですが、これについては効果測定を行い
1:過去と法律導入後で事件事故の捜査にどれぐらい効果があったか
2:駐車違反による事故や渋滞がどの程度減ったのか
3:監視業には任期(3年毎更新)があるので再採用情報の
 公開や駐車監視業者の実績
 (取締中は公務であるからには国が国民に一覧など
  公開できるはず)
を知ることが出来ないようでは今回の法改正はただの「法修正」
としか思えない人が多くなることでしょう。

あと、今更手遅れかもしれませんが今回の法改正は
もっと国民へ周知すべき事だと思います。

駐車と停車の定義 2006年5月26日現在 from JAF

★注意
反則金放置違反金は別物です。
詳しい違いと取り締まり手続きはこちら

違反しても警察に出頭しない人対策で
今回、道交法が改正されました。
反則金を払わなかった人が「放置違反金」を
払うことになります。

2006/6/1から変わる道交法豆知識まとめ
・停車し車から離れたら即放置駐車扱いになる
・取締前のマイク予告放送がなくなる。
・取締重点区域では四輪二輪問わず取り締まる
・カーナビのVICSで取り締まり区域表示予定
・停車5分の法律が改正され、駐車禁止場所で
  人が乗ってない車は違反。デジカメ撮影後
  駐禁ステッカーを貼られる。撮影後の画像は
  デジカメ本体では削除できない。
・撮影機器の仕様は各都道府県で違う。
  (機器発注が警察本部単位の入札制のため)
  警察署へ画像を即転送の地区もあるかも。
・その車両の運転資格がある運転免許証を持った
  同乗者が車で待機しないと駐車禁止場所で
  違反になる。「人(子供等)を車に乗せてる
  から大丈夫」は通用しなくなる
・駐車監視員と揉めると警官を呼ばれる
・駐車監視員の作業の邪魔をすると公務執行妨害
・急病人搬送中や車両盗難その他でステッカーを
  貼られた場合は警察署へ出頭し弁明書と
  証拠を提出すればセーフ
・放置違反金を支払った人は納付書を車検時まで
  大事に保管しておく事(未保管は車検拒否)
・違反は基本的に運転者の責任だが放置違反金
  未納付の場合は所有者責任の原則で車検拒否。
・違反車両を廃車や転売した場合は車検拒否制度の
  対象にならない。但し放置違反金の督促は来る
・駐禁ステッカーを貼られる前に車に戻ればセーフ
・駐禁ステッカーを貼られても運転者は出頭しないほうが得
 放置違反金で支払うと免許点数はそのまま残る。
 (但し複数回繰り返すと所有者へ出頭命令が来る)
・郵便小包の集配車は駐車規制の対象外
違反現場で金銭の徴収をすることは、ありません

もしシールを貼られた時の為にこの資料をあらかじめ
読んでおき、慌てないようにしましょう。


放置違反金の金額
放置駐車違反
・駐停車禁止場所等
 大型車等    25000円
 普通自動車等 18000円
 自二・原付車等 10000円
・駐車禁止場所等
 大型車等    21000円
 普通自動車等 15000円
 自二・原付車等  9000円
駐停車違反
・駐車禁止場所等(時間制限駐車区間等)
 大型車等    12000円
 普通自動車等 10000円
 自二・原付車等 6000円
反則金と同額です。

違法駐車でレッカーされると
・移動手数料(12,000円)及び保管手数料が徴収されます。
・レッカーされた車両を引き取らないでいると、所有権を
 失う場合があります。


あとは下の関連リンクで調べることが出来ます。

関連リンク
goo ニュース 改正道交法施行
放置車両確認事務・駐車監視員他総合ビジネス情報ブログ
Yahoo! 道交法改正トピックス
大阪名物違法駐車 民間監視員を警官サポート
改正内容from大阪府警察(関係条文はPDFファイルで)
よくある質問Q&A(わかりやすい)
諸外国における交通取締
東京新聞HP
Google 駐車違反 民間委託
山陽新聞HP
徳島新聞HP
WBS-ワールドビジネスサテライト
パーク24
全国空港駐車場
look! ヒトとクルマのイイ関係 様
飯大蔵の言いたい事 様
うなぎの振替休日 様
今井亮一の交通違反相談センター2 様
赤くてアカい鷹の見聞録 様
晶ちゃんのいいたい放題 様
ブログ!新聞でお知らせ 様
今日からあなたも 医療ツウ&介護ツウ 様
検問・取り締まり情報なら 【満点くん】


違反切符ノルマについて気になる部分。

放置車両確認機関に関する改正道交法一部抜粋

確認事務の委託の手続等に関する規則(平成十六年十二月十日国家公安委員会規則第二十三号)
(委託の方法)
第一条道路交通法(以下「法」という。)第五十一条の八第一項の規定による委託をするときは、次に掲げる事項についての条項を含む委託契約書を作成するものとする。
一委託に係る確認事務の内容に関する事項
二委託に係る確認事務を行う区域及び方法に関する事項
三委託契約の期間及びその解除に関する事項
委託契約金額
委託契約代金の支払の時期及び方法
六放置車両確認機関の警察署長への報告に関する事項
七その他警察署長が必要と認める事項

ノルマじゃない、ということか?明記されていないので
判らないです。

駐車監視員になりたい方は各都道府県警察へ聞いて
条件や申請方法を確認しましょう。

車検拒否の件ですが、放置違反金未納付や納付領収書を
忘れたまま車検にいくと窓口で車検証を返してくれません。
国は整備工場等で車検拒否対象かどうか事前に確認できる
仕組みを用意する、とのことですがトラブルはあると思います。


amazonで道路交通法の最新情報を検索


都道府県別駐車監視員活動ガイドライン一覧
2006/6/1現在
北海道警察本部
青森県警察本部
岩手県警察本部
宮城県警察本部
秋田県警察本部
山形県警察本部
福島県警察本部
茨城県警察本部
栃木県警察本部
群馬県警察本部
埼玉県警察本部
千葉県警察本部
警視庁(東京都)
神奈川県警察本部
新潟県警察本部
富山県警察本部
石川県警察本部金沢中警察署
福井県警察本部
山梨県警察本部
長野県警察本部
岐阜県警察本部
静岡県警察本部
愛知県警察本部
三重県警察本部
滋賀県警察本部
京都府警察本部
大阪府警察本部
兵庫県警察本部
奈良県警察本部
和歌山県警察本部
鳥取県警察本部
岡山県警察本部
広島県警察本部
山口県警察本部
徳島県警察本部ガイドライン重点地域
香川県警察本部
愛媛県警察本部
高知県警察本部
福岡県警察本部
佐賀県警察本部
長崎県警察本部
熊本県警察本部
大分県警察本部
宮崎県警察本部
鹿児島県警察本部
沖縄県警察本部

|

« バイクでライディング練習会参加 | トップページ | 北海道一周旅行記21~網走~ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
本日、駐車違反取り締まりについて日記を書くため、
キーワード検索をしていたら、あなたのブログに出会いました。非常に詳しく書かれていますので、是非このページを紹介しながら自分の情報も書こうと思いました。TBの機能を使ってメッセージを書きましたがうまく出来ているかどうかはわかりません。どうぞよろしくお願いします。ありがとうございます。

投稿: のりのりわくりん | 2006.06.05 19:42

けんおじ「屋上緑化土かるいちばん」の「改正道路交通法」にTBしていただきありがとうございました。
実は、・・・、昨日このページをみてTBをさせて貰おうかと考えていたところでした。
とりあえずTBしたのですが、上手くいってるのかナ~?

投稿: けんおじ | 2006.05.29 21:50

トラックバックありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
             タケル。

投稿: タケル | 2006.05.29 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改正道路交通法-平成18年6月1日施行-(2006年6月1日施行):

» 物事の両面 [不動産で絶対後悔しない!!(有)エストサービス代表 榎本 正次...]
ランキングが急降下中です(T_T)↓是非ともポチッとご協力してください。不動産人気blogランキングへ昨日のブログの続きです。駐車違反の取締りが厳しくなると言うことで、車を停めている間に誰かがその車に乗っていれば大丈夫。ということを聞いたこともあるかもしれま...... [続きを読む]

受信: 2006.05.27 11:27

» 駐車違反者摘発を民間委託 資格持つ監視員が実施 [ブログ!新聞でお知らせ]
駐車違反者摘発を民間委託 資格持つ監視員が実施 Q:来月から、違法駐車の取り締まりが、警察から民間にいたくされるそうね。 A:道路交通法が改正されて、そいうことが出来るようになった。これまでは、警察官が違法駐車を見つけたら、車のタイヤと路面にチョークで印を..... [続きを読む]

受信: 2006.05.27 13:02

» 駐車禁止、車離れたら即摘発に [zara's voice recorder]
駐禁、車離れたら即摘発 6月から民間委託 6月から、駐車違反の取り締まりが一変する。道路交通法の改正で、違法駐車を確認する業務の民間委託を実施。わずかな時間でも車を離れれば「違反」と認定されることになる。交通事故や渋滞を招く違法駐車車両の取り締まり強化は..... [続きを読む]

受信: 2006.05.27 20:48

» 改正道路交通法の問題点 [Urban Green Life                   街にもっと緑を・・・            兼定興産の屋上緑化土「かるいちばん」]
6月1日から「改正道路交通法」が施行されます。 これまでの警察にによる駐車違反の取り締まりと平行して、民間人委託「駐車監視員」)による違法駐車の取り締まりです。 駐車違反の撲滅は良いことです。宅配便業者は対策に悩ませながらも、駐車場の確保やリヤカー配送の増便等を考えているようです。 でも、ちょっと待って下さい。特例として「緊急車両」や「郵便業務の車」はおとがめ無しです。 「緊急車両」の駐車は社会の安全上必要です。 ・・・「郵便業務の車」が郵便物の集配で駐車することは良いことになっていま... [続きを読む]

受信: 2006.05.29 21:43

» 6月1日から道路交通法の一部が改正され民間駐車監視員が駐車違反を取り締まります。 [サラ美容外科WEB [ 愛知県・名古屋 ]]
新たな駐車対策法制は、良好な駐車秩序の確立と、警察力の合理的再配分を目指すものであり、大きく分けて二つの柱を内容としています。 ○ 放置車両についての使用者責任の拡充 車両の使用者の責任を強化し、放置駐車違反について運転者が反則金の納付をしないとき等は、公安委員会は、車両の使用者に対して放置違反金の納付を命ずることができることとします。 さらに、放置違反金納付命令を繰り返し受けた常習違反者には、一定期間、車両の使用が制限されます。放置違反金を滞納して公安委員会から督促を受けた者は、滞納処分に... [続きを読む]

受信: 2006.05.30 08:45

« バイクでライディング練習会参加 | トップページ | 北海道一周旅行記21~網走~ »